ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

  • 2006年10月
    大阪大学大学院医学系研究科の玉井克人教授らが同定した骨髄多能性幹細胞動員因子を医薬品として開発することを目的に会社設立。
  • 2007年4月
    大阪大学との共同研究を開始。以後、研究成果の知財化を進め、これまでに再生誘導医薬に関連する9件の特許を出願。
  • 2008年10月
    独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 産学共同シーズイノベーション化事業に採択に採択。
  • 2009年12月
    独立行政法人 科学技術振興機構(JST) A-STEP本格研究開発ハイリスク挑戦タイプに採択。
  • 2010年4月
    本社を彩都バイオインキュベータ内の自社ラボを増床。疾患モデル動物を用いた薬効試験を拡大。
  • 2011年11月
    独立行政法人 科学技術振興機構(JST) A-STEP本格研究開発シーズ育成タイプに採択。
  • 2012年6月
    神戸ポートアイランド内に神戸ラボを開設。疾患モデル動物を用いた薬効試験の実施体制を強化。
  • 2013年7月
    彩都バイオインキュベータ内のラボを増床。くわえて自社の動物飼育/実験施設を開設し、神戸ラボの機能を吸収。
  • 2013年12月
    独立行政法人 科学技術振興機構(JST) A-STEP本格研究開発シーズ育成タイプに採択。大阪大学の早期探索的臨床試験拠点整備事業と連携し、医師主導治験を支援。
  • 2013年12月
    第三者割当増資。
  • 2014年4月
    大阪大学最先端医療イノベーションセンターの共同研究プロジェクトに採択(テーマは「体内再生誘導医薬開発のための非臨床試験および新規候補物質の探索」)。
  • 2014年5月
    独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 平成25年度イノベーション実用化ベンチャー支援事業に採択。
コメントする